So-net無料ブログ作成

 

旧blog ぼくと「かえる」日記(引越し先)

https://bokutokaerunikki.blog.so-net.ne.jp/

 * * * * * * * * * * * *

「かえる」の「こじろう」の見たこと,聞いたこと,感じたこと。

ようこそぼくと「かえる」日記2へ!

今までも読んでくれてたみんなも,偶然発見したみんなも,遊びに来てくれてありがとう [揺れるハート]

なんだかんだで「かえる」日記も2冊目に突入したんだなっ♪



突然の2度のアメリカ赴任,そして帰国後の生活はドラマのように大どんでん返し[たらーっ(汗)]

やっと状況が落ち着いたかと思いきや,急な転勤辞令で落ち着かない事この上ない[あせあせ(飛び散る汗)]

人生いつ何が起きるか分からない[爆弾]

そんなジェットストリームな日々に振り回されっぱなしな「かえる」が,だらだら綴る日記だ。 

お暇な時にでも,覗いてみて欲しいんだなっ♪

探鳥日記 ブログトップ
前の3件 | -

「かえる」の探鳥日記。~ヒヨドリは水浴びがお好き~ [探鳥日記]

さて,指が動くようになったのでリハビリだ。

カメラを抱えて,いつものように近所の川沿いを歩く。


9月も終わるのに。

なんで30度近くまで気温上がってるんだ?

道行く人は半袖。

まさかと思うけどプールの帰り?って感じに髪の毛が濡れた子供が自転車で走っていく。

日差しはそこまできつくないのになぁ。

雨が降る前だからだろうか,なんだかすっきりしない。




いつものポイントでカワセミを見つけたものの,レンズをセットする前に飛んで行ってしまったぞ・・・。

まぁ,こういうのは運だから,な

姿を見られただけでも良しとしないと (´・ω・)





おや,繁みの中に何かがいる。



      IMG_7070.JPG

         飛び出してきたのはヒヨドリだった。


石の上に降りてきて,きょろきょろと首を振る。

あ,これはもしや・・・


      IMG_7073.JPG

              川へ飛び込んだ。



      IMG_7075.JPG

      水深が浅いのに,かなりダイナミックな水浴び。


僅かな時間の水浴びが終わると,茂みへと飛んで戻る。

・・・でも,「かえる」は知っている。

ヒヨちゃんの水浴びがまだ終わっていない事を。



ほら来た!


      IMG_7078.JPG

            枝から勢いよく滑空してくる。



見てわかると思うけど,水深は数センチしかない。

怖くないのか?って思うけど,慣れだろうな。

実際,とても優雅な波状飛行をするヒヨドリでも,幼鳥の頃って動きが変だから。

ふらふら飛ぶし,飛距離も出ない。

ばったり出会った時に(驚きもあるんだろうけど)1mくらいしか飛べなくて,更には焦って塀の上に降り損ねて羽をバタバタ,趾でなんとか塀につかまろうと必死だ。

枝を掴み損ねたり,電線から落ちそうになるのも日常茶飯事。

家のベランダで毎年繰り広げられる雛の飛行訓練を見てると,本当に飛べるようになるのかって不安になるくらいだからな。


      IMG_7081.JPG

           器用に着地して,水浴びを再開する。



                 IMG_7084.JPG

     こうやって見ると,かなりの水しぶきが上がってるのが分かるな。



この後,水浴びは数回繰り返されたんだけど・・・


      IMG_7090.JPG

         左の石から飛び込んだんだけど,どうやら深かったようだ。



少し慌てた様子で飛び上がり,そのままどこかへ飛んで行ってしまった。


      IMG_7091.JPG


もう少ししたら冬鳥もやって来る。

ただ,今年の冬って,暖冬傾向が出てるんだよなぁ・・・。

暑さには滅法弱いけど,寒いのは平気な方なので,できれば気温が下がって欲しいと思う「かえる」だった。



では,おやつ。


   IMG_3847.JPG

       暫く前のだけど,SIZUYAPANのあんぱんをUp。



以前,SIZUYA(志津屋)さんのあんぱんを紹介した時に「高級あんぱん」があるって書いたと思うんだ。


次回予告。(紅葉狩りにはちと早い) 2017-11-05 




で,更に,巨大な太鼓あんぱんを紹介した。


「青もみじきらら」で行く鞍馬への旅。~鞍馬でハイキング その1。~ 2019-04-14 




この太鼓アンパンの時に高級あんぱんYUZUの写真をUpしたと思う。

で,折角なので,今回はOGURAを紹介するんだなっ♪


   DSC09376.JPG

        SIZUYAPANのあんぱん OGURA


   DSC09377.JPG

      白パンの表面から,ひょっこり顔を出すのは巨大な小豆。


   DSC09378.JPG

          中身は大粒の大納言小豆の粒あん。


では,いただきます!


   DSC09379.JPG

           大納言は大粒なので断面がよく見える。


パン生地はふんわり軽いと言うよりは,しっとり目。

それなりに重量感がある舌触りだ。

そのまま常温で食べてもいいんだけど。

個人的には温めて,ちょっとだけ表面を焼くのがおすすめだ。

そうすると,トースターの中から芳ばしい香りがふんわりと漂ってきて,食欲をそそられる。

外はパリッとしてるのに,中はしっとりしてるけど軽い舌触りになる。

そして,そのしっとり目の生地と粒あんが一体化する。

少し焼くだけなら,決してあんこだけがポロリ・・・とはならないんだなぁ~。



場所は,京都駅の新幹線八条口改札の傍。

チケットを握りしめて買いに行けば,慌てなくて済む距離だ。

(烏丸口側は人が多いので,いつも八条口側の券売機でチケットを買ってる)


人気のフレーバーを選んで化粧箱に入れて貰う事もできるけど,自宅遣いならバラ売りでいいんじゃないかな。

勿論,バラ売りでもパッケージが素敵だし,日持ちも4~5日くらいあるので,お土産にできないことはない。

お値段は確か一つ220円,フレーバーによっては230円だった気がする。


という訳で,SIZUYAPANあんぱんに興味のあるみんなは,是非ともお試ししてくれよなっ♪

nice!(18)  コメント(8) 

「かえる」の探鳥日記。~アオサギくんはちょっぴりワイルド~ [探鳥日記]

さて,ちょっと趣向を変えて今日は探鳥日記といこうか。

それで注意事項

既にご存じのみんなもいると思うけど,このblogには稀に鳥のお食事シーンがUpされる事がある。

過去には「【グルメ・クッキング】なのは鳥の捕食シーンがあるから?」と思われていた事もある・・・。

そんな訳で,そう言うのが苦手って言う人は,申し訳ないけど今回はスキップでお願いするんだな。




・・・・・・え,ネタが尽きたのかって?

前回の三室戸寺さんのお話が後1回分あるんだけど,ちょっと番外編っぽいお話なのでな。




では,今日の主役の紹介から。

   IMG_6916.JPG

     街中の川でも見られる身近な鳥,アオサギくん。


全長は90センチ以上の日本で見られるとサギ類としては最大のものだ。

数年前までは,もうちょっと大型のアオサギを見かけたんだけどな。

烏か猫辺りと喧嘩でもしたんだろうか,大量の羽と血痕を残して,この辺りから姿を消してしまった。

「ヌシ」というか,ゲームのラスボスっぽい風格があって好きだったんだけどな。


で,最近はこのアオサギくんがうろついている。

「ヌシ」ほどの貫禄はないので,勝手に「若」と呼んでいる。

「若」より小振りなアオサギを見かけたことがあるので,区別する為に名前を付けてるだけだ。


   IMG_6930.JPG

   「若」はアオサギにしては落ち着きが足りない気がする。


魚を探して歩き回るコサギ程ではないけど,落ち着きが足りないと思う。

だって,いつもキョロキョロとしている気がするんだ。

先週見かけた時は,トンボが気になったのか頭をぐるぐる動かして,挙句,それを食べるかのような動作をした。

傍を飛ぶトンボが気に入らなかったから威嚇しただけだと思うけど,万が一,口に入ったら食べるんだろうか?


で,この時は,季節の変わり目の変な天気の僅かな合間にカメラを持ってレッツゴー!したんだな。

本当はカワセミを探していたんだけど,この日は鳴き声も飛んでいく姿も見れなかった。

まぁ,滞在時間30分だからなぁ・・・。

タイミングが合わなければ何も見れない,ってもんだ。

そして,いつものポイントにはカワセミが居ないようなので,川上へ向かうことにした。


   IMG_6935.JPG

          いつの間にか先回りされていた・・・。


おやっ?

何か見つけたのかもしれないぞっ♪


   IMG_6937.JPG

     首を器用に折り畳み,狙いを定め,勢いよく突き出す!


   IMG_6938 - コピー2.JPG

          お見事!釣果ありだ。

   

   IMG_6941.JPG

           今にも丸吞みしそうだ。


   IMG_6944.JPG

             ごちそうさま。


サギ類とか鵜とかカワセミって,喉が丈夫じゃないとごはん食べられないんだろうか。


まだ嘴に血が付いてて,ちょっと生々しいな。


   IMG_6945.JPG

         喉の膨らみが少し凹んだかな?


   IMG_6947.JPG

            まだ,食べるのか?


   IMG_6949.JPG

       と思ったら,お水を飲んだけだった。



しかし,変な場所の水を飲むなぁ~。


   IMG_6951.JPG

   う~ん,水を飲むついでに,その岩に嘴を擦り付けてる?


ひょっとして,嘴に鱗か何か付いてて気持ち悪いとか?

この距離じゃよく分からないな。



と思ったら,心の声が届いたんだろうか。

こちらに嘴を見せるかのように小首をかしげてみせた。

   IMG_6953.JPG

        見た感じは綺麗になってる気がする。



証拠隠滅はバッチリだな。


   IMG_6964.JPG

  それにしても,この細い首の中を魚が通っていくのが信じられない。


   IMG_6968.JPG

          ん,何かに気がついた様子だけど・・・


   IMG_6977.JPG

        あ~,新たな獲物か・・・・・(´・ω・)



という訳で,今日はアオサギのお食事風景を紹介したんだな。




こちらは旧blogに載せたものだけど,アオサギのお食事に興味のあるみんなは,どうぞなんだな。

(苦手な人は開かないように)


「丑の日ですか? !!! うなぎ注意 !!!」 2015-08-08



「アオサギがいるけど,何してるんだろう・・・。(画像注意)」 2010-12-14



   IMG_6979ランタナ(七変化).JPG

        お口直しにランタナ(七変化)を・・・(;´ω`)

アオサギ君のお食事風景はワイルド


nice!(20)  コメント(10) 

犯人はスズメ。 [探鳥日記]

春だな。

桜もやっと満開,と思ったら終わってしまうようだ。

近所の桜は,一斉に咲く訳でなく,パラパラと好き勝手に咲く。

そのせいで,見頃の時期の見極めが難しい。

ちょっとした日照時間や温度の差が原因なんだろうけどな。

酷いと2メートルも離れていないのに,昨日の時点で散ってしまって葉桜の木と満開の木が隣り合わせになっている。


 

という訳で,近所の川沿いをぷらぷらっとしてきたんだな。


   IMG_6693.JPG

         春のコサギは冬よりも白く見える気がする。

       

   IMG_5321.JPG

          近所の川は,日本の桜の名所100選の一つなんだな。


   IMG_5339.JPG

          ごく普通の住宅街の脇を流れる川沿いの道。


   IMG_5356.JPG

             途中には,憩いの公園もある。

      IMG_5363.JPG

    小さな枝垂桜でも,階段を利用して下から見上げれば,そんなことは忘れてしまう。



   IMG_5384.JPG

          ソメイヨシノが楽しめるのも後僅かなのかな?



あ~,気持ちがいいなぁ。

花粉症の薬が効いてるのかもしれないけど,なんとなく (*´Д`) ぽや~,としている。


   IMG_6689.JPG

    春眠不覚暁 というけれど,花粉症のせいで眠り方がおかしいんだと思う。


・・・・・・ぽけ~と桜を見ていたら,頭の上に何かが落ちてきた。

   IMG_6697.JPG

            桜の花を落としてきた犯人は

   IMG_6701.JPG

     蜜が美味しいからだろうけど,ガクから食い千切るのはいただけない。


そうは言っても,くちばしの短い雀じゃ花の中にくちばしを差し込んでも届かない。

だから仕方ないんだけど,次々にブチブチ千切っては投げ,千切っては投げされるとなぁ・・・(;´Д`)。



おや,あそこにいるのはツグミかな?

   IMG_6707.JPG

             もう4月なのに,のんきなものだな。

   IMG_6709.JPG

             って,猫と睨み合い中だったのか。



   IMG_6722.JPG

          花見客が沢山いても,ヒヨドリは何処吹く風だ。


   IMG_6724.JPG

                    だんご。


   IMG_6727.JPG

                  本当にが多いな。


   IMG_6730.JPG

         まぁ,頭数が多いからモデル探しには苦労しないけど。


   IMG_6760.JPG

            新聞やテレビでも紹介される橋の様子。


お花見シーズン真っ盛りの時だと,橋が落ちるんじゃないか?ってくらいに人が集まる。

勿論,橋の向こうには渡れない (;´・ω・)


   IMG_6731.JPG

     残念ながら,処処聞啼鳥とはいかず,けたたましい喧嘩の声が聞こえてくる。



   コピー.jpg

                  数年先にはジンダイアケボノに代わってしまうんだろうか?


美しい桜の花の下,ちょっぴりセンチメンタルな気分になってしまった「かえる」だった。




では,今日はおやつの代わりに次回予告といこうかな?



 * * * * * * * * * * * *



ある春の日のこと。

「かえる」は再びあの地へ降り立った。

満を持して,って感じだな。



・・・・・・え!?

これは幸先がいいのかもしれないぞっ[るんるん]



   IMG_5425.JPG

      次回は,鞍馬をぷらぷらっとしてきたお話をお送りする予定だぞっ♪


nice!(19)  コメント(6) 
前の3件 | - 探鳥日記 ブログトップ


  [NEW] ぼくと「かえる」日記2 [ひらめき]